×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




...and Welcome to where you are


ウィンドウは最大限に開いてご覧ください

















過去に書いた文章等です。
基本的に、結構、更新していきます。
できるだけ新しいの書いたり、掘り出し物見つけたり。
そんな感じで。


(2006.3.12)
































































































恋愛という明日は…

人を傷つけない恋愛をした事がありますか??

恋愛は、人を傷つけるもの…。

誰がそんな事をいったんだろう。ってずっと疑問だった。俺は、誰も傷つけない愛を模索していたし、もし、そんな完璧な物を手にする事ができたら素晴らしいだろうな…なんてことも考えてた。

でも、恋愛は、人を傷つける物なんだ。

人を好きになるって事は簡単な事じゃない。
ずっとずーっと、その感情が訪れない事もあれば、同じ時期に、しかも一度に、その感情が複数の人に向く事だってある。

その、恋愛の気まぐれさ故に、人はまた傷つき、そしてその傷を癒そうとまた次の恋を探しに行く。

ただ、今回は、俺にもその傷を埋めてくれる人。
つまり、時期を同じくして、奇しくも、相手がした事と同じ過ちを繰り返そうとしていた。

全ては、解決の方向に向かったけれども。


それでも、人って言うのは己の気持ちを殺しきる事ができる生き物ではない。

肉食獣が自分の飢えをなんとかして満たすように、人は己の心の乾きをなんとかして潤そうとする。たとえそれが、かつて思いを寄せた人へであるしても。

小さな小さな、気に食わない事が溜まりにたまって、悪循環を生む。

俺はそんなこと、小さい頃からの経験で分かっていたはず。
かっこいい理想像に近づく為の虚偽の行為なんて、いつかメッキがはがれるだけ。
でも、試みる事はできた。

そして、今までは上手くいってた。


一度、その自分の関わらない恋愛と言うものに触れた時、まるでナトリウムが水と触れ合う化学反応のように、俺のなかで何かが爆発した。

そして、言うべきじゃない事まで、口から出てしまう。


そして、また俺は人を傷つけ、次の段階への足踏みをする。


最後に、正直になろう。

今、俺は幸せだ。
一定期間耐えてきた不安定な恋は、俺の敗北という形で終わりを告げ、その直後に春は訪れた。

春が訪れたのだから…俺は後を濁さずに立ち去ればいい。

そう思っていた。


でも、体がそうは行かなかった。


好きだったという事実。そして、現実のすべてを受け止めようとする姿勢。
自分のしている後ろめたかった行為への理由付けと、その現実に対する嫌悪感。


”友達でいよう”

恋の破局の最後に使われるこの言葉は、相当、神経の図太い人にしか通用しないじゃないか。もしくは、本当に人を好きになった事のない人か…。

信じていた。裏切られる事もわかっていて、それでも信じていた。

バカとしか言いようがないのかもしれないが
それでもそのときの衝撃は並大抵ではなかった。

そして、第二波を耐えなければ行けないときに、また波を起こす。

恋愛ってそういうもんだと思う。

お互いの事を思うが故に、お互いの事を傷つける。

傷つけ合った結果が、憎しみだけの関係だとしたら、そんな寂しい事はない。
でも、それが事実になりうる事もある。


俺は、前を向いて歩くよ。

でもね。そんな全てを受け止めて、かっこ良く歩いて行けるような大人じゃ、まだなかったみたい。一回は演じる事ができたんだけどね。


俺は、隣をみて歩いて行くよ。

新しいパートナーができたから。
新しい、俺の相手が見つかったから。

今度はお互い不安定な恋愛を持つ必要もない。

強いて言うなら、俺の心に残る罪悪感だけ。

俺も、人を傷つけながら歩いている。


俺は…また、俺の今できる事を、俺なりに、精一杯やるよ。

そしてそれが、今大切にすべき人への全てだと思うし、俺が傷つけた人への償いでもあると思う。


春と言う季節の中で、めまぐるしく変わる恋愛の渦。
俺はその中にもまれているだけなのだろうか?? そして
俺はその幻想の中を泳いでいるだけなのだろうか…??


そうじゃないと思いたい。


俺は新たな船を出して、今度こそ、俺は俺の恋愛を手にする。
誰かを傷つけることが会っても、俺は俺の相手を大切にする。守れるだけ守る。


そういう自己満足でいいじゃない。

恋愛って、そういうもんだと思うから。

人は、傷つけて、傷つけられて、恋愛の中を進んでく。


それは誰もが経験した事であり、経験する事だと思う。
ごめんね。

そして…

ありがとう。

最後に、もう一度。

ありがとう。

(2005.3.12)













































昨夜の雷雨からは想像もつかないほど、真っ青に突き抜けた空。
日本では梅雨にあたるこの季節、遠い異国の空からは雲一つの匂いも感じられない。

外に出たら気持ちいいのだろうな。

そう思いつつも、乱雑な部屋の中で煙草に火をつけた。
一時期の自分への戒めを破り、新鮮な薫りを口いっぱいに含む。
そう、あのときの、あの人の面影を覆い隠すように。
真っ白な煙と戯れるとき、俺は過去の面影から抜け出すことを許され
かわらなければならない時への想像空間へ入り込むことができた。

お気に入りの煙草を嗜み、俺は少し落ち着いた。

乱雑な部屋。
床に落ちたテニスボール。
安っぽい肉体を鍛えるための安っぽい器具類。
少し前まで俺の相棒だったベースギター。
そして、詩的小説と言われる"The Tracks”、英字のみの書物。

それらすべてが今の俺を象徴するものだ。
怠惰に溺れた俺の体を鍛える毎日。実家に帰る前にはもとに戻っていたいと思う。
欲への嫌悪感と俺自身への嫌悪感との戦いの末、悪くとも元の自分に戻りたい。

そう、どんなに願ってもあの時、あの瞬間、そしてぬくもりの中には帰れないのだから。

大丈夫。どれだけ俺はその言葉を俺自身につぶやいてきただろう。
いつからか、その虚栄心の固まりが真実となり、今では呟く必要すらなくなった。
ただ、今日のように蒼い空の日、俺は俺にもう一度確かめる。

”俺は何をしたかったのだろう?”

あの時の空は本当に蒼かった。遠い母国の空を見渡せるような気がした。
そして、電話と言う無機質な、人間の叡智の固まりであるものを通して、俺は一人になった。否、一人になることを選んだ。

ただ、それだけだ。
ほかに描写することもなければ、今、思い返されることもない。
七色に輝く記憶など、遠い昔に真っ白な絵の具で塗りつぶした。
大量の塩水で洗い流した。

ただ、それだけ。

なのに。なのに、なぜ俺は未だにその事実を認めようとしない。
やるべきことは山積みになっているのに。
俺自身に課した苦しみがその山を超えることだったのではないか。

なぜ、涙がこぼれるのだろう。

日本に帰りたい。
待っていてくれるはずないけれども、少しでもあのときに帰りたい。
そう思った。

また、煙草に火をつける。
今の雑念を振り切るように。

そう、俺は前に進まなくてはならない。希望も絶望もすべて受け止めて。
やるべきことを昇華したとき、俺はやっとあの瞬間に感謝できるはずだから。


 

(2003. summer)

(2005.3.12)
























(2005.3.12)